大菩薩嶺に登りました。

風景指示盤に座るオリビア。冷たくて嫌がってます。
大菩薩峠、介山荘付近にて撮影。

今日はすっきりと晴れる予報だったので、年賀状用の写真を撮りに、大菩薩嶺へ山登りに出掛けました。

登山口の上日川峠(標高1,600m)までは車で移動。ちょうど8:00から登り始めて、1時間ほどで大菩薩峠に到着しました。
南アルプスがきれいに見えましたが、肝心の富士山が手前の山に隠れてしまっているので、休憩もそこそこにちょっと先の親不知ノ頭へ。

富士山の手前に写っているのは大菩薩湖
親不知ノ頭からの景色。雪を被った富士山と南アルプスがきれいです。
日が照ってちょっと暖かくはなってきましたが、立ち止まって撮影していると、オリーは寒さプルプルしています…。

笹原に岩がごろごろしている賽ノ河原
左手に富士山を眺めながら、稜線づたいに気持ちのいい山歩きが続きます。

ここからちょっと下った、避難小屋のあるあたりが賽ノ河原。さらに雷岩に向かって道が続きます。

奥の方に写っている、白っぽい木の枝が霧氷です。
寒いさむいと思っていたら、稜線上の木には霧氷がついていました。逆光越しに見ると、キラキラしてとても綺麗。

雷岩からの富士山は遮るものがなく、きれいですね。
登り始めて約2時間、目的地の雷岩に到着しました。

水蒸気が出てきたせいか、朝方に比べ、富士山がちょっと白っぽくなってしまいましたが、年賀状用のいい写真が撮れました。

しかし、ぬかるんだ道のせいで、オリーが随分汚れていますね…。

特に何の感慨も湧かない大菩薩嶺のピークなのでした…。
雷岩付近にて早めのランチを食べた後、ピークの大菩薩嶺(2,057m)までを往復し、その後、唐松尾根を通って下山。

休憩も含めて、トータル4時間程の山歩きでした。


25. 11月 2012 by 写真で綴るパグ犬、オリビアのブログ
Categories: 旅行 | Tags: , , | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *